×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイの不動産取引の仕組み

ハワイの不動産取引の仕組みとは?物件探し

ハワイの不動産取引の仕組み ロゴ画像002

常夏の島ハワイでセカンドライフを過ごしたり、投資目的での不動産取得などの不動産取引の仕組みについて紹介します。

まずは物件を探すところからですが、ハワイの物件はすべてMLSシステムというネットワーク上のシステムで誰でも簡単にすべての物件を探すことができます。

更にハワイでは毎週日曜日になるとオープンハウスと呼ばれる物があります。

オープンハウスとは実際に不動産の販売物件を見学することができます。これは誰でも参加できます。

オープンハウスの情報は新聞やその他インターネットなどでチェックできますよ。

ハワイの不動産についての目安が決まると、不動産エージェントと呼ばれるエージェントに交渉を依頼します。

ハワイでは買い手と売り手の両方に不動産エージェントがついて、それぞれの不動産エージェントが売り手と買い手それぞれの代表として交渉します。

不動産エージェントの利点は、売り手と買い手が直接交渉する必要が無くプロに任せれるということでしょう。

不動産取引で利益を確保する為にも、お客様の立場を理解していて尚且つ物件の知識が豊富な経験を積んでいる信頼できる不動産エージェントを探すことが重要になってきます。

ハワイの不動産取引の仕組みとは?ローンや登記

ハワイの不動産取引の仕組み ロゴ画像003

ハワイで不動産を取得する際に登記や費用・ローンなどの事務管理はエスクローという政府の認可を受けた会社が中立的な立場で行うエスクローシステムというシステムをとります。

また取引が成立すると仲介料が発生します。

もしもハワイの不動産を購入する場合にローンを組む場合はローンオフィサーと呼ばれる専門家に依頼します。

ローンオフィサーはその買い手に代わって利息や期間などの最も良い条件のローンを探して申込手続きも代行してくれます。

不動産の購入後は日本と同様に固定資産税を支払わなければいけません。

ハワイではローンを組んだ場合は通常ローンの支払いと同時に固定資産税などの税金は引き落とされます。

しかしローンを組んでない場合は年に2回、固定資産税などの支払いが必要です。

ハワイの不動産取引の仕組みとは?注意点

ハワイの不動産取引の仕組み ロゴ画像004

ハワイの不動産取引の注意点は幾つかあります。

まずはセキュリティーの問題です、長い間空家にする場合もあると思うので特に一戸建ての場合はセキュリティー会社と契約することが必要です。

また定期的に換気や清掃を行う必要もあります。

不動産の購入に関しては、物件の建物や土地の確認だけではなく交通の便や治安、また周囲の学校や病院なども調べる必要があります。

一番のポイントはどれだけ自分のライフスタイルにあった環境の物件を選ぶかです。

またハワイのコンドミニアムの場合は特殊なルールが沢山あります、例えばペットについての制限など。このような様々なルールも確認しましょう。

更にもしも入居前に改装などを計画している場合はその改装工事が可能かどうかなども事前に確認しておく必要があります。

ハワイの不動産を取得するにはたくさんの注意点もありますが、一番大事なのは自分にあった物件を探すことですよ。